ライブハウスシーンを中心とした音楽情報サイト

316NIGHT VOL.1 『「316(みいろ)」はじめました』ライブレポート by まみ

2017年8月9日に梅田シャングリラで開催された、316(みいろ)の初となるイベント【316NIGHT VOL.1 『「316(みいろ)」はじめました』】。当日、イベントのお手伝いをお願いしていたまみさんのライブレポートを掲載します。写真は全てライブフォトグラファーの「松本いづみ @mini12du」さんです。

 

【なかのいくみ】

なかのいくみさん

力強い歌声がフロアに
響き渡って初っ端から
お客さんの心を掴んで
気づいたらお客さんが
体を揺らしていたり
手拍子していたり
歌詞の意味に惹き込まれて
ただただ彼女の声を
聴いていたいと思ってしまう
そんな空間でした。

 

【シンガロンパレード】

出演者の中で女子メンバーは
いないのに登場から歓声がすごく
男性のお客さんまで巻き込み
男女共に手を上げて一緒に
盛り上がっていました。

ボーカルの歌声にコーラスが
心地よく耳に入ってきて
耳で楽しみ
ベースの指弾きやドラムの
楽しそうな笑顔をみて
目で楽しみ
一緒に手を回して声を出して
体で楽しみ
いろんな楽しみ方があるバンドでした。

 

【ぽわん】

解散前最後の大阪
ボーカルのモエさんは
セーラー服での登場。

この日のぽわんはサポートで
カトキットからキーボードのあっけさん
ドラムのこばやんさん
モルグモルマルモからギターの宇宙さんが参加。

サポートってことを忘れてしまう程
5人がしっくりしていて
「モテたぃ。」であっけさんがソロで
歌った瞬間は歓声が上がったのに
歌声が重なった瞬間みんなが
のみ込まれ固まってしまいました。

そして私の中ではぽわんラストでした。

ぽわんの歌詞は女の子なら
共感する部分がたくさんあると思います。

誰かを思う気持ち
自分の中にある承認欲求
そんな全ての自分の中にある気持ちを
歌に乗せて代弁してくれるのが
ぽわんでした。

これからもモエさんとマリナさんの
作り出す音を目撃していきたいです。

 

【ヒミツノミヤコ】

本日のあらすじなる物を配っており
始まる前から異空間を放っていたけど
始まってしまうとヒミツノミヤコの
独特な空気に惹き込まれていて
寸劇もお客さんを巻き込んでいて
自然と笑ってしまう感じで
かと思えば曲が始まると
聴き入ってしまう程かっこいい
歌声でした。

ヒミツノミヤコは見れば見る程
もっと見ていたいと思ってしまう。
そんなバンドでした。

 

【カトキット

3人の力強さが音で伝わってきて
あっけさんのきれいな声が耳に
ダイレクトに伝わってきて
歌詞が苦しいほど共感できて
気づいたら涙腺が緩んで
涙が出ていました。

でも楽しくて笑顔になっていて
泣いたり笑ったりたくさんの
感情がぐるぐるしてました。

お客さんの笑顔もキラキラしていて
メンバーもキラキラしていて
フロア全体がキラキラしてました。


 

316企画に出てくれたアーティストさん
全員が素敵で心に突き刺さって
ここにずっといたいな〜って思ったし
見にきてくれたお客さん
みんながもっともっと音楽を聴いて
みんながもっともっとキラキラして
明日からも頑張ろうって思えたら
いいな〜って思った1日でした。

text by まみ @butausa_44 
all photo by 松本いづみ @mini12du